MENU

病院薬剤師の仕事内容

病院,薬剤師,仕事,内容

医薬分業前は病院薬剤師の仕事は処方箋の調剤業務や入院患者の薬の管理、注射、点滴などの管理など多岐にわたりました。医薬分業後の仕事内容なほとんど変わっていませんが、処方箋などの調剤業務が少なくなったことで仕事自体が減り病院で働く薬剤師さんの減少にもつながっています。

 

病院の規模にもよりますが、病院薬剤師さんの仕事自体減少しています。逆に調剤薬局や門前薬局などの薬剤師募集は増えています。

 

病院薬剤師は、新卒の薬剤師さんの就職先として人気が有りますが、最近は募集数は減ってきています。

 

病院で仕事してきた薬剤師さんは薬に知識や調剤スキルもあり転職などでも有利だと言われています。

 

逆に調剤薬局やドラッグストアなどで働いてから病院薬剤師への転職は難しく、薬剤師として病院で働く事をお考えなら初めから病院薬剤師への就職を希望されることが重要です。

 

どうしても病院薬剤師への転職を希望される方は一度、薬剤師転職サイトなどへ登録してコンサルトさんに相談する事をおすすめします。

 

病院薬剤師募集や転職に強い薬剤師転職サイトのコンサルトさんなら情報も豊富なので希望する転職へのお手伝いが出来ると思います。

 

病院薬剤師求人、転職情報を知りたい方は


関連ページ

病院薬剤師の給料、年収
薬剤師さんの希望職種の中でも上位の病院薬剤師ですが給料、年収はどれくらいなのでしょうか?募集などもそれ程多くない様ですが給料は薬剤師として高い野でしょうか?