MENU

調剤薬局薬剤師の現状

薬剤師の仕事、就職先として一番多い調剤薬局ですが現状や将来的にどうなのでしょうか?

 

調剤薬局は医療分業などで大幅に店舗数も増えましたが、これから増える事は考えにくいのではないでしょうか?
調剤薬局以外でも病院やドラッグストアなどもこれから増えるのではなく減る事も考えられます。仕事場が減れば雇用も少なくなる事も考えられます。

 

これはあくまでも推測ですので先の事は誰にも解る事有りませんが、先の事を推測する事は大切ですね!
薬剤師さんが大幅に増えてくることも考えにくいので薬剤師さんの需要が減る事はまだまだないと思いますが、薬事法の改正などで薬剤師さんの役割も変わってくるかも知れません。

 

将来の事を考えたところで何も変わりませんが、現状はどうなのでしょうか?

 

調剤薬局、門前薬局は、医療分業で増えた事で現状は求人数も増えていますね!条件的にも今は調剤薬局は転職、就職には有利ではないでしょうか?

 

実際、薬剤師求人サイトの担当者にお聞きしたところ良い返事をもらいましたよ!

 

調剤薬局で働いている薬剤師さんも転職などで条件、給料がアップする事も少なくない様です。まずは薬剤師求人サイトや転職サイトなどへ登録して現状を自分で把握する事が重要だと思います。

 


薬のスペシャリストとしての薬剤師

お薬のスペシャリストである薬剤師。ただひとくちに薬剤師といっても、活躍する職場はさまざまでそれぞれに特徴があります。今回は調剤薬局で働く薬剤師のお仕事内容についてご紹介したいと思います。

 

高齢化社会に伴い、病院や診療所を利用する高齢者が増え、それにつれて必然的に処方箋が出される量もどんどん増えている今、調剤薬局の数も増えつつあるようです。

 

調剤薬局で行われる業務内容には大きく分けて2種類あります。

 

ひとつは、病院や診療所で医師が処方した処方箋を鑑査し、それに従って医薬品を調剤する業務です。処方箋の不備の有無の確認や、有効期限の確認、さらに患者のお薬手帳を確認して重複投薬やすでに服用している薬との相性などを調べることが鑑査作業に含まれます。もしこれらに何らかの不都合が生じた場合には、医師へ確認の連絡をすることになります。

 

二つ目は患者への服薬指導の業務です。調合したお薬を患者と一緒に確認して、その服用方法や効果・副作用、薬の保管方法などについて患者に説明をします。調剤薬局という場所柄、なかなか物覚えが乏しい高齢者などが対象となることが多いのでわかりやすく説明するスキルが求められます。正しく服用してこそのお薬ですから、しっかりと正しい服用方法を伝える必要があります。患者が受け取った後は、その患者の薬歴として調剤した情報を記録し、保存する作業を行います。

 

以上、簡単ではありますが調剤薬局で働く薬剤師のお仕事内容についてまとめてみました。就職を検討される薬剤師の方は参考になさってくださいね。

調剤薬局事務員から見た薬剤師の仕事

以前、調剤薬局で事務員をしていた事があります。その時の薬剤師のお仕事は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理を行っていました。

 

調剤業務というのは医師が発行した処方箋を基にお薬の調剤をします。分かりやすく言えば処方箋に書かれている通りの用量のお薬を準備します。
この時、処方内容に疑問点や不明点があれば処方医に疑義照会をします。

 

服薬指導というのは、お薬の飲み方、効能、保管方法の説明、さらに患者が間違いなく飲んでいるか、副作用はないかなどの情報を聞いて指導管理にあたります。

 

薬歴管理とは、患者のお薬の服用において、状態や副作用などを管理して行く業務です。
通常、薬のカルテのようなものを作って服用履歴や様々な情報を記録しています。
調剤業務の中では、数種類の粉末を混合したり、軟膏やクリームなどを練り混ぜて薬瓶に入れて処方薬を用意することもあります。また、正しく服用してもらえる様に一包化することもあります。

 

これは、1回分のお薬が数種類ある場合に薬を一つの袋にまとめる作業です。
調剤薬局には、管理薬剤師が配置されていて、患者の対応業務だけでなく薬局内の医薬品の管理や他の薬剤師の管理と指導の立場にあります。お薬は次々新しいものが出てきています。

 

それに伴い、お薬の勉強会を企画して、薬局内の薬剤師の知識やスキル向上を図っています。薬局運営して行く者でもあるので、医療保険の事についても知識が必要となります。そして、調剤報酬請求等も行っています。

 

調剤薬局薬剤師紹介サイトはこちら

調剤薬局薬剤師に求められる能力

以前なら調剤薬局薬剤師さんはそれ程接客やコミュニケーション能力などを重要視されていませんでしたが、特に最近は調剤薬局やドラッグストアでは、薬剤師としてのスキルはもちろんですが、それ以上に接客や話方、お客さんの相談に親身になってお答えできる方が求められています。

 

薬剤師免許を持っているだけでは、これからは希望する職場への転職なども難しくなる事も予想されます。まだまだ薬剤師さんは大都市圏以外では人手不足で売りて市場です。

 

しかし6年制の薬剤師さんが卒業している事などから薬剤師さんが増える事は予想されます。この薬剤師さんたちがある程度のスキルを修得してからは薬剤師さんの求人も変わってくるかも知れないですよね!
売り手市場の薬剤師求人もこれからは少し変わってくるのでは・・・・

 

それまでに好条件の職場や高待遇で働ける職場を探す事も重要です。その為にも調剤薬局が求める人材を把握してより待遇の良い求人に応募出来るように薬剤師のスキルと共にコミュニケーション能力なども付けて置く必要があるのではないでしょうか?

関連ページ

門前薬局薬剤師求人
調剤経験が活かせる職場、調剤のスキルを上げる事が出来る門前薬局薬剤師求人募集の探し方
調剤薬局薬剤師の給料、年収
薬剤師の職種の中でも人気の調剤薬局の給料、年収を紹介しています。スキル、キャリアなどでの給料の違い等々
土日休みの調剤薬局薬剤師求人
調剤薬局も最近では土日営業されている店舗も多く薬剤師さんも土日勤務が多くなっています。土日は休みたい薬剤師さんに土日休みの調剤薬局薬剤師求人を紹介
ドラックストア薬剤師から調剤薬局薬剤師への転職
ドラッグストアの薬剤師から調剤薬局への転職する薬剤師さんに、調剤薬局の経験がない方でも転職できる求人情報が豊富な薬剤師求人サービスを紹介しています。
調剤薬局薬剤師求人の探し方
自分が求める求人探しは大変ですよね!調剤薬局薬剤師求人を比較的簡単に探す方法を紹介しています。