MENU

病院や薬局、ドラッグストアなど薬剤師転職先選び

薬剤師の転職先

薬剤師の勤務先は、限られていますよね!大きく分けて病院、薬局、ドラッグストア、企業です。転職先としては、企業薬剤師以外は比較的求人募集は多いと言えます。
病院は、公務員薬剤師の公立病院、大学病院や私立病院などが挙げられます。
薬局も病院などに隣接した門前薬局やそれ以外の調剤薬局などあります。ドラッグストアも大手チェーン店や個人営業のドラッグストアなどが有ります。
また、病院にしても薬局、ドラッグストアにしてもその病院、その店舗ごとに違いが有るので、一概に待遇や給料、条件なども違うので転職先探しには、その店舗や病院ごとの条件などを精査する必要もあります。
また、通勤の方法や通勤時間なども重要になります。
転職先は、職種を選びその職種から自分の条件や勤務出来る職場を探すことになると思います。
求人票だけでは、中々わかりにくいのが現状だと思いますので薬剤師求人サイトなどのコンサルトさんにしっかり相談して、条件交渉なども出来るのであれば利用することをおすすめします。

 

病院薬剤師

病院の薬剤師と言っても病院の規模や公的病院や個人病院などでも業務、仕事内容も異なると思います。
一般的な病院の薬剤師の業務と言えば、医師の指示の調剤、処方や注射、点滴の調合などが主な業務になると思います。また、希望の大きな病院になれば最先端医療や治験などに携わることになる為、知識も必要になります。
また、薬に種類も多く新薬なども増えることから病院薬剤師は、常に知識の向上、勉強が必要です。
薬剤師としての知識、スキルを活かせる職場としては病院薬剤師は、魅力が有る職場でもあります。

 

調剤薬局薬剤師

調剤薬局の薬剤師は、薬剤師の職場としては一番多く、求人数も多い職種です。調剤業務、処方など病院に隣接した調剤薬局、門前薬局では、病院薬剤師と同じように調剤、処方箋業務がほとんどになります。
隣接する病院によって扱う薬なども違いますが、基本的な仕事内容は差がないのではないでしょうか?
調剤薬局から調剤薬局への転職も多く、条件面や報酬面での転職探しが主な条件になることも多いですね!
調剤薬局の薬剤師求人は比較的多く、条件面や報酬面を絞って探すことも可能な職種だと言えます。

 

ドラッグストア薬剤師

ドラッグストアの薬剤師は、薬剤師の就職、転職先としては人気はそれほど高くないようですが、薬剤師の職場としては魅力もおいと思います。まず、ドラッグストアの薬剤師の給料は、将来の昇給なども考量した場合、調剤薬局で働くよりも年収が期待できます。仕事内容は、調剤薬局や病院薬剤師とは異なることが多いのですが、常勤、非常勤、正社員、アルバイト、パートでも働きやすい職種でもあります。
最近では、調剤施設併用のドラッグストアも多く、薬剤師として知識、スキル活かしながら働ける職場も多くなっているのがドラッグストアの薬剤師ではないでしょうか?

 

転職に適した職場探し

薬剤師の転職先としては上記以外にも企業で働く薬剤師や上記以外の医療機関などの薬剤師もありますが、転職としての募集は限定的で、薬剤師の転職先としてはあまりふさわしくないと思われます。
逆に、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師求人は、求人件数も多く、地域を問わず探すことが可能です。病院は、公立病院や大病院などの途中採用の募集は少ないのですが、中小の病院では、比較的薬剤師募集を見かけることが出来ます。

 

薬剤師の転職希望の際は、薬剤師求人サイトや薬剤師転職サイトの利用がおすすめです。ハローワークなどで探される方も多いと思いますが、募集求人数も違いますし、何より転職をサポートしてくれるコンサルトさんやスタッフさんが居る薬剤師求人サイトなら安心して転職活動が出来ます。
困ったことはすぐに相談して解決できることがほとんどですので、希望の求人、職場探しが出来ると思います。